ホーム > 日本の森から生まれたアロマ 匂辛夷(枝葉)

日本の森から生まれたアロマ 匂辛夷(枝葉)

日本の森から生まれたアロマ 匂辛夷(枝葉)

華やかなフローラルな香り

ニオイコブシはモクレン科の木で、飛騨地方では「タムシバ」と呼ばれています。比較的標高の低い所にある「シデコブシ」や「コブシ」とは兄弟ですが、「ニオイコブシ」の名前の通り、香り(ニオイ) が群を抜いて良い木です。尾根筋の高木で、その枝の採集は困難を極め、モミなどに比べて抽出量も非常に少なく、極めて希少価値の高い精油です。

>>純国産アロマについて詳しくはこちらをご覧ください。

学名
Magnolia salicifolia
主要成分
1.8-シネオール、テルピネオールなどのモノテルペンアルコール、α-ピネン、カンフェンなどのモノテルペン、炭化水素、その他
抽出方法
水蒸気蒸留法
内容量
2ml・5ml
抽出部位
枝葉
採集地
野生(主に飛騨高山)
注意事項
生産地
岐阜県高山市
販売価格 
種類:
在庫:
数量:
贈り物にギフトラッピング:
*ギフトラッピングは、すべて無料で承ります。
熨斗包装・複数の商品をひとつにまとめて包装などのご希望は、購入画面内に出てくる「備考欄」に、希望内容をご記入ください。

関連商品

営業時間:10:00~18:00
定休日:土日祝
※注文は24時間受け付け中です。
※営業時間外のメール返信は翌営業日になります。
※休業日の出荷は行っておりません。
※万が一メールを送信いただいたにも関わらず、弊社より返信がない場合は、大変お手数ですが、再度ご連絡いただきますようお願い申し上げます。
2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
      発送業務休日