ホーム > 福島県 > 福島県那麻郡西会津町で作られる会津張子

福島県那麻郡西会津町で作られる会津張子

福島県那麻郡西会津町 会津張子
福島県那麻郡西会津町で作られる会津張子
江戸時代から明治にかけて、日本各地で作られた手作り玩具は、紙、土、木、わら、竹などを材料として作られてきました。江戸時代300年の鎖国や国内の大名割拠により容易に交流が出来なかった時代、その土地独特の生活習慣、信仰を反映した玩具が作られ、そのような玩具が大正の初めより「郷土玩具」と呼ばれ現在に至っております。郷土玩具の多くは、子育て・開運・商売繁盛・五穀豊穣を祈願したものでした。
 
なかでも、会津張子は今より400年余の昔、豊臣秀吉に仕えた蒲生氏郷公が会津の領主として伊勢から国替を命じられた際、当時貧しかった下級武士達の糧になるようにと、京都から人形師を招き、その技術を習得させ、会津庶民の殖産興業を図ったことが始まりといわれています。
 
その後、今ほど人や物の交流が盛んではなかった時代となり、会津は独特の文化を育んでいくこととなります。そんな中で会津独自の生活習慣、信仰を反映した 郷土玩具張子が作られるようになりました。張子の多くは、子育て、開運、商売繁盛、五穀豊穣を祈願して作られていります。特に有名なのは「赤べこ」です。「べこ」とは会津地方の方言で「牛」を指しています。1200年程前、会津柳津・福満虚空蔵尊圓蔵寺の建立の際、最後まで働き通したのが赤色の牛と伝えら れており、その赤色の牛にあやかり、昔から子供の誕生には壮健を祈り、又疫病除としても贈られ、親しまれている玩具です。

 

 


商品一覧

営業時間:10:00~18:00
定休日:土日祝
※注文は24時間受け付け中です。
※営業時間外のメール返信は翌営業日になります。
※休業日の出荷は行っておりません。
※万が一メールを送信いただいたにも関わらず、弊社より返信がない場合は、大変お手数ですが、再度ご連絡いただきますようお願い申し上げます。
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
      発送業務休日