ホーム > 新潟県

新潟県

新潟県三条市 諏訪田の爪切り
新潟県三条市で作られる諏訪田の爪切り
美を創り出す道具は、それ自身も美しく愛情湧く枠本物ではならない。爪切り本来の「切る」機能を研ぎ澄ますために、素材には高級ナイフ用鋼材のハイカーボンステンレスSUS440を採用。従来品よりも鋭角に仕上げ、爪の形にカープした刃は巻き爪や変形した爪のお手入れも可能です。ネイルアーティストや病院関係者、そして一般のご家庭でも爪の美容と健康を実験する、繊細な職人て仕上げの逸品です。   大正15年、三条町(現在、新潟県三条市)は金物の町として栄え、鍛冶屋が軒を並べ職人たちが腕を競い合っていました。「どうせ作るなら、他人と違うものを、もっと使いやすい道具を作りたい」と考えたのが持ち手の部分でした。握った指の形にカープさせたその道具は、手に馴染んで使いやすく高い評価を得て、そこから職人気質一筋の「諏訪田爪切り」の歴史が始まりました。その後、三条職人の技術と技が製造工程、量産効率を高め、現在の切れる爪切りを完成させたといわれています。
新潟県上越市 竹炭・竹酢液
新潟県上越市で作られる竹炭製品
日本では1万年前(縄文時代)の遺跡から炭が発掘され、燃料などに使っていたことが知られています。 木を燃やすと煙が立ち、すぐに燃え尽きてしまいますが、炭にすると煙も炎も出ず、火持ちがよく、しかも腐らず保存がきき、軽く持ち運びが便利で、とても優れた燃料として使われてきました。 また、炭は加熱をすると遠・近赤外線を放射し、ものを芯から温める作用があります。   竹炭には、縦横に細かい無数の孔(あな)が空いており、その数は、木炭の2~3倍ともいわれています。 地中根から吸い上げられたカルシウム、カリウム、ナトリウム、鉄分などの天然ミネラルが豊富にバランスよく、しかも水に溶けやすい状態で含まれています。   竹酢液とは、竹炭を焼く時に出る煙から採取した酢酸を主成分とする酸性の液体です。 竹が成長する時に土の中から吸い上げた250種類以上のミネラル成分が溶け込んでおり、色々な作用があることで知られています。お風呂に入れて入浴すると、竹酢液のもつ浸透性と殺菌力により、身体がよくあたたまり、肌もしっとりすべすべになります。また、アトピー・アレルギー・花粉症。乾燥肌・水虫などにも有効だといわれています。その用途は多肢に渡り、様々な所で利用されています。
営業時間:10:00~18:00
定休日:土日祝
※注文は24時間受け付け中です。
※営業時間外のメール返信は翌営業日になります。
※休業日の出荷は行っておりません。
※万が一メールを送信いただいたにも関わらず、弊社より返信がない場合は、大変お手数ですが、再度ご連絡いただきますようお願い申し上げます。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
      発送業務休日